アフィリエイトで稼ぐ在宅で仕事【自宅でドットワーク】

アフィリエイトで稼ぐために必要なもの

アフィリエイトで稼ぐためには、何が必要か?
最低限必要なものとして
まずは自分の媒体(ブログ、ウェブサイトなど)がネット上で必要ということです。

 

媒体を作るために
最初は初心者がお金をかけずに参入しやすいものは何か?
と思い、やはり無料ブログなら、誰もがすぐに作る事ができ、
更新作業もラクに行うことができるので、
ブログアフィリエイトについて話して行きたいと思います。

 

それから徐々にサイトアフィリエイトの稼ぎ方の話。

 

Webサイトというくくりの中で、ブログもサイトも同じくくりに入ってきますが、
ここではブログとサイト(ホームページ、htmlサイト)は分けて考えていきます。

 

といっても、どちらも目的はアフィリエイトで稼ぐことなので、
きっちり分けるというより内容は混在するところもありますので、ご了承ください。

 

それから、媒体についてもうちょっと補足すると、
デジタル大辞泉によると、「一方から他方へ伝えるためのなかだちとなるもの」
この言葉が一番わかりやすいと思います。
なかだちとなるものが、ブログやサイトになります。

 

昔は主要4媒体といってテレビ、ラジオ、新聞、雑誌など。
いわゆる広告媒体。インタネートの出現によって広告媒体も大きく様変わりしました。
あ、長くなるので、とりあえずこの辺で。

アフィリエイトで稼ぐにはまず行動

アフィリエイト初期段階で重要なことは
まずは行動するということです。
ここでいう行動とは、作業するということです。
では、どんな作業かというと、
ブログなら、とにかく書く。
ホームページなら制作作業をする。
そして、どんどんページを増やしていくということです。

 

これをアフィリエイトを始めた当初の一か月
継続して行動する事です。

 

1日1時間アフィリエイトに費やす時間があるなら、
1時間、作業に没頭してください。

 

アフィリエイトをしていくうえで、
費やす時間は大きく分けて2つの時間があります。
・思考時間(どうやって稼ごうかなど考える時間)
・作業時間(ブログの記事を書く。ホームページ作成時間)

 

最初は、まず作業時間に費やすということです。

儲けることではなく、提供することを考える

あなたが世の中に対して提供した価値の10分の1のものが自分に返ってくる。
これは
松下電器(現パナソニック)創業者、
経営の神様と言われた松下幸之助さんの言葉です。

 

アフィリエイトをしていく上で、とても重要な言葉です。

 

稼ごう稼ごうと思って、
単に売りたい商品の羅列だけではなかなか稼げないということです。
売りたい、が前面に出てしまうと、
訪問者はどうしても拒否反応になってしまいます。

 

その前に、ブログやサイトに訪れて頂いた人に、

 

どれだけ役立つ情報を提供できるかということです。

 

 

これは以前、沢山の顧客をもつ優秀な
ある経営コンサルタントから、
おもしろい話を聞かせてくれました。

 

たとえば営業職について。
昔は押しが強く、強引に売ってくる。
そういった営業社員は1〜2か月で結果を出し、
それなりに営業売り上げをつくりました。
A社員としましょう
常に新規の客に売ってきました。
しかし3か月目頃から、お客さんからクレームが。
言ってることと違うとか。
そのA社員は1〜2か月目の売り上げが、
その後、半年間伸びず、横ばい状態。
結局は多少売り上げが上がることもありましたが、
1年間ほぼ横ばい状態でした。

 

次にB社員。
最初の3か月間、まったく売り上げが上がらず。
ひょっとしたら、上司はコイツ営業に向いてないかも
と思ったそうです。
それが4か月目あたりから、B社員に電話がちらほら。
商品が売れ始めました。

 

気の弱いB社員は、
お客さんから、この商品買って何がいいんだ?
と言われると、マメに調べて、こんな点がと、
ちゃんと応えていました。

 

お客さんに情報を提供することに、
最初の3か月間常に勤めていました。

 

その結果。
5か月目くらいから売り上げもそこそこ。

 

それから1年後、
B社員営業売り上げ一番を獲得。

 

お客様に役立つことの情報提供。

 

まずは、提供する事ですね。